2016年05月25日

雑損控除

平成28年熊本地震にて被災された方々に、
心よりお見舞い申し上げます。

我が家は深夜に震度6弱の揺れに襲われ、
(大分県別府市)
壁掛けの時計が落下したり、
ガラス製品がいくつか割れたりしましたが、
幸い家族にケガはなく、
事なきを得ることができましたが…

熊本地震.jpg
(地震翌日の我が家の納戸の中)

しかし翌朝以降、
市内のあちらこちらで石垣が崩壊していたり、
ブロック塀が倒れていたり、瓦が落ちていたりするのを目の当たりにして、
被害の甚大さを思い知らされました。。。

さて、今回の地震の被害によって、壁や瓦の修理などの出費がある場合、
確定申告によって「雑損控除」を受けられるのをご存知でしょうか?

生命保険料控除や地震保険料控除を受けるために年末調整をしますよね。
それと同じようなものとお考えください。
ただし、この雑損控除は年末調整では処理できないので確定申告をするのです。
サラリーマンの方ですと確定申告に不慣れな方が多いようですが、
給与から天引きされている税金が還付される可能性がありますので、
手間を惜しまず申告しましょう。

以下に国税庁のホームページを抜粋しましたので、
解説しながら説明いたします。

制度の概要は…
「災害又は盗難若しくは横領によって、資産について損害を受けた場合等には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを雑損控除といいます。」

雑損控除の対象になる資産の要件は、損害を受けた資産が次のいずれにも当てはまること。
(1)資産の所有者が次のいずれかであること。
イ納税者
ロ納税者と生計を一にする配偶者やその他の親族で、その年の総所得金額等が38万円以下の者(総所得金額38万円以下とは、例えばパートの収入から所得控除を引いた額です。つまりパートの収入が103万円以下なら、所得控除が65万円ですから103万円-65万円=38万円となり総所得金額は38万円以下に該当します。)
(2)棚卸資産若しくは事業用固定資産等又は「生活に通常必要でない資産」のいずれにも該当しない資産であること。
(注)「生活に通常必要でない資産」とは、例えば、別荘など趣味、娯楽、保養又は鑑賞の目的で保有する不動産(平成26年4月1日以後は同じ目的で保有する不動産以外の資産(ゴルフ会員権など)も含まれます。)や貴金属(製品)や書画、骨董など1個又は1組の価額が30万円超のものなど生活に通常必要でない動産をいいます。
(ぜいたく品はダメってことです!)

雑損控除として控除できる金額は、次の二つのうちいずれか多い方の金額です。
(1)(差引損失額)-(総所得金額等)×10%
(2)(差引損失額のうち災害関連支出の金額)-5万円

詳しくは国税庁のホームページをご覧くださいね。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1110.htm

瓦などの修理に5万円以上かかったなら、領収書を保管しておき、
来年の3月15日までに最寄りの税務署に持ってゆきましょう!
また、家や家財の被害がとてもひどい場合は、雑損控除ではなく
「災害減免法による所得税の軽減免除」という制度の選択もあります。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1902.htm
いずれにしても確定申告は必要ですので、忘れずに申告しましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました(^_-)-☆
NUSエンタープライズ
服部英樹
http://nus-ent.com/
posted by H.Hattori at 16:20| マネー

2016年04月11日

老後破産

最近、『下流老人』『老後破産』などというフレーズを頻繁に目にするようになってきました。
どうやら2014年にNHKで放送された『老人漂流社会“老後破産”の現実』が引き金となって、ブームっぽくなっている感じです。
(NHKオンデマンド→ https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2014058090SA000/

2015年には、追いかけるように週刊東洋経済も『下流老人』を特集しています。
(アマゾン→ http://amzn.to/1Xq4Gvf

藤田孝典氏の『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃』という書籍も売れたようです。
(アマゾン→ http://amzn.to/1Xq4Suw

個人的には、危機感をあおりすぎているようで好きではないのですが、くやしいけど一理あります。

現在、10段階に分けて年金支給年齢が60歳から65歳へと引き上げられています。
筆者夫婦は二人とも65歳からの支給です。
(詳しくは日本年金機構ホームページ→ https://www.nenkin.go.jp/yougo/kagyo/kounen-kaishi.files/kaishi.pdf

正直なところ、65歳から支給されればラッキーかな?なんて思っています。
なぜか?
それはアメリカ、イギリスそしてドイツなど先進国の中に、財政悪化を理由に年金支給年齢を65歳以上(67歳や68歳)へ引き上げる動きがあるからです。たぶん日本もそうなるのでしょう。

ところで、老後の蓄えは年金をあわせてどれくらい必要なのでしょう?
生命保険文化センター平成25年生活保障に関する調査によると、夫婦ふたりで老後生活を送るうえで必要とされている最低日常生活費は月額22万円。また、ゆとりのある生活費は月額35万4千円。ゆとりのある生活をしたいと思うのが心情なのですが…

老後資金_生命保険文化センターh25生活保障に関する調査.JPG
(公益財団法人生命保険文化センターホームページより抜粋)

さて、そもそも年金っていくらいただけるのでしょうか?
確定拠出年金インフォメーションサービスのホームページに試算コーナーがありますのでご自身のケースを当てはめて計算してみてください。
(試算→ http://www.dcnavi.jp/shinkin/F0600/html/F0600_01.asp

筆者のケースですと、個人事業主ですからいわゆる第1号被保険者となります。
仮に40年間第1号被保険者として保険料を納付した場合、
夫婦ふたりでおよそ年額156万円。
(老齢基礎年金のみ。付加給付等なし。)
156万円を12か月で割ると13万円。
上記の最低日常生活費を9万円も割り込んでしまいます!
これでは孫に小遣いもあげられませんね!(笑)
高齢者夫妻世帯の生活保護の水準です!
(詳細は生活保護情報サイト→ http://seikatsuhogo.jp/shikyugaku/

このような状況の高齢者夫妻に、
無職の子どもがパラサイトすると…
NHKが放映した内容そのままになってゆくわけです…トホホ。

というわけで老後破産の予防は、子供たちに自立してもらうこと!
教育の一環として『自律自助の精神』を叩き込んでゆくことが必要かな?
子どもがしっかり自立できていれば、面倒をみてくれるかもしれませんし(笑)

もちろんサラリーマンの世帯では厚生年金が上乗せされますからこの限りではありませんが、
老後資金に対して呑気になりすぎるのはいただけません。
テーマパークで財布のひもが固いお爺ちゃんお婆ちゃんは孫に好かれませんしねぇ(笑)

では、今何ができるのか?
新たな収入を創る準備にとりかかることしか無いように思います。
現在の職業をブラッシュアップするために上位資格を取得することや、
余暇にリスクの無い新規事業を立ち上げる。
ビール片手にバラエティーばかりみていてはアウトじゃないかなぁ…。

そして、間違っても両親の言う事を聞いていてはいけません!(断言!)
彼らは日本の高度成長期の波に乗ってたまたま運良かっただけの世代なのですから。
(ちょっと言い過ぎかしら…)
もし、借金してでも家を買え!とか、
勤めている会社だけに集中しておけ!とか、
副業をするな!とか説教する両親でしたら、
にっこり笑って、聞き流した方が得策です(笑)

2016-04-11.jpg


毎日の生活に埋もれることなく、
モチベーションを保つべく新鮮な情報をインプットし、
来たるチャンスをものにするための準備をしてゆきましょう。
リッチなおじいちゃん、おばあちゃんになりましょうよ♪
それがひいては日本経済の活性化にもつながると思うのです。

最後までお読み頂きありがとうございます<(_ _)>

NUSエンタープライズ
服部英樹
http://nus-ent.com/





posted by H.Hattori at 16:37| マネー

2016年02月01日

マイナス金利ってなに(?_?)

日本銀行が2016年1月29日に、
マイナス金利政策導入を決めたましたね!
日本史上初らしいのですが、
そもそもマイナス金利ってなんですの?

金利って、
お金を借りたり預けたりしたときにプラスされるお金の賃借料ですよね。
その賃借料がマイナスってことは、
例えばお金を借りたら通常は金利を払わなければならないけど、
反対にお金を貰えるってこと??
そんなことありえるんだろうか?

ところが調べてみると、
海外ではあるみたいなんです。
ヨーロッパでは変動金利で住宅ローンを借りている人が、
銀行から金利を受け取っているらしい…

では、日銀はなんでそんなことをおっぱじめたんだろうか?

よーく考えてみると…

先ず、海外の金利と国内の金利のギャップが、
関係してくるっぽい。

例えば、アメリカの金利のほうが高くなると、
ドルで資産を運用しようとして、
円を売ってドルを買うよね。
円が売られるので円が安くなる。
いわゆる円安。

円安になると輸入製品の価格が上がりますね。
そう、物価が上がる。

ちなみに日銀は物価をあげたくてしょうがないんですよ。
日銀のホームページにも大々的に書いてありますわ。
消費者物価を2%アップさせるよって。↓↓↓
https://www.boj.or.jp/mopo/outline/qqe.htm/

では、なんで物価を上げたいかというと…

物価が上がると、
買い物する時にお金がたくさん必要になるので、
資金需要がアップして
金利があがってゆく…

景気が良いときって、
物価が上がりながら、
円安で、
金利も上昇。
こんなシナリオかしら?

現在のところ、円安が進行中で株価も上昇!
投資家の皆さんも好感のようですが、
果たしてこの先どうなるのやら。↓↓↓
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O1U9QC6K50XS01.html

286060_O.jpg
(※写真は旧日本銀行某支店金庫室)

今回のマイナス金利政策の直接的な影響は銀行だけ。
けれど、銀行は日銀にお金を預けていたら、
金利を払わなくちゃならんので、
金利を下げてでも他に貸し出そうとするでしょうね。
そうなると、住宅ローンの金利がもっと低くなってゆくかも?

日銀総裁黒田さんは、必要なら更にやっちゃうよ!って鼻息けっこう荒いから、
もっと円安になってゆくのかな〜。
海外旅行はちと不利になるねぇ(*´з`)
でも観光立国を標榜している日本政府には有利だね。
外国人観光客が更に増えるんだろうね?

とにかく景気が良くなる事には大賛成。
個人的に景気浮揚のために何ができるかな〜
先ずは自己投資か!
よし、金融の本を買おう(^^♪

最後までお読み頂きありがとうございます♪
服部英樹

NUSエンタープライズ
http://nus-ent.com/index.html



posted by H.Hattori at 12:53| マネー