2015年11月23日

成功の掟 第一章 それは…

Facebookにアップされる、Mさんと、ご子息I君の写真。
そして先日届いたエアメール。そこに綴られる見慣れた文字

「続けてきてよかったです…」

エアメール加工後.jpg

Mさんは20年ほど前に、外資系日用品の無店舗販売をスタートされました。
立ち上げ初期の数年間を仲間たちと共同でサポートさせていただいたのですが、
離婚を経験され小学生のお子さんを3人抱えての、絵にかいたような貧乏所帯のシングルマザーでした。

起業されたころは、築数十年のボロボロのアパートにお住まいで、
「この環境では起業は難しいかもしれない…」と思ったりしました。

しかし、カタツムリのような歩み…とはまさに彼女のためにある言葉(笑)
一歩一歩着実に前進を続け、
また、ヤドカリの様に少しづつ住まいをアップグレードしてゆき(笑)
つい最近も、素敵な新居に引っ越しされました。

もう、彼女たちを見て貧乏所帯だという人は一人もいないでしょう。

当時小学生だった長男I君が大学を卒業後、
Mさんの事業を手伝うようになり業績もうなぎ上りに。

I君は母親想いの親孝行息子。
二足のわらじをはき、昼も夜もなくビジネスにまい進してきた母親の背中を見ながら育ちました。

そして親子で海外のセミナーに参加されるまでに変化成長されたのです。

成功とは、まさにこのこと。

MさんとIくん親子が成功するにあたって、何か特別なことがあったのでしょうか?

想い浮かぶ言葉、「素直さは知性」。

成功に貪欲になればなるほど素直になってゆく姿を、

二人に見せていただきました。



自分のやり方で歩んできた人生が理想の状態でないならば、

その理想に近いライフスタイルを歩んでいる先輩の言葉に、

素直に耳を傾ければ良いのです。

「先達に学ぶ」

簡単なようで、意外と難しいのかもしれません。

そこには真の 素直さ が要求されるからです。

あなたは成功に素直に向き合えますか?

成功の掟 第一章 それは…

『素直』


最後までお読み頂きありがとうございます。

感謝♪


12月13日フォローアップセミナー(どなたも参加できます)
http://nus-seminar.sblo.jp/

NUSエンタープライズHP
http://nus-ent.com/