2016年04月11日

老後破産

最近、『下流老人』『老後破産』などというフレーズを頻繁に目にするようになってきました。
どうやら2014年にNHKで放送された『老人漂流社会“老後破産”の現実』が引き金となって、ブームっぽくなっている感じです。
(NHKオンデマンド→ https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2014058090SA000/

2015年には、追いかけるように週刊東洋経済も『下流老人』を特集しています。
(アマゾン→ http://amzn.to/1Xq4Gvf

藤田孝典氏の『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃』という書籍も売れたようです。
(アマゾン→ http://amzn.to/1Xq4Suw

個人的には、危機感をあおりすぎているようで好きではないのですが、くやしいけど一理あります。

現在、10段階に分けて年金支給年齢が60歳から65歳へと引き上げられています。
筆者夫婦は二人とも65歳からの支給です。
(詳しくは日本年金機構ホームページ→ https://www.nenkin.go.jp/yougo/kagyo/kounen-kaishi.files/kaishi.pdf

正直なところ、65歳から支給されればラッキーかな?なんて思っています。
なぜか?
それはアメリカ、イギリスそしてドイツなど先進国の中に、財政悪化を理由に年金支給年齢を65歳以上(67歳や68歳)へ引き上げる動きがあるからです。たぶん日本もそうなるのでしょう。

ところで、老後の蓄えは年金をあわせてどれくらい必要なのでしょう?
生命保険文化センター平成25年生活保障に関する調査によると、夫婦ふたりで老後生活を送るうえで必要とされている最低日常生活費は月額22万円。また、ゆとりのある生活費は月額35万4千円。ゆとりのある生活をしたいと思うのが心情なのですが…

老後資金_生命保険文化センターh25生活保障に関する調査.JPG
(公益財団法人生命保険文化センターホームページより抜粋)

さて、そもそも年金っていくらいただけるのでしょうか?
確定拠出年金インフォメーションサービスのホームページに試算コーナーがありますのでご自身のケースを当てはめて計算してみてください。
(試算→ http://www.dcnavi.jp/shinkin/F0600/html/F0600_01.asp

筆者のケースですと、個人事業主ですからいわゆる第1号被保険者となります。
仮に40年間第1号被保険者として保険料を納付した場合、
夫婦ふたりでおよそ年額156万円。
(老齢基礎年金のみ。付加給付等なし。)
156万円を12か月で割ると13万円。
上記の最低日常生活費を9万円も割り込んでしまいます!
これでは孫に小遣いもあげられませんね!(笑)
高齢者夫妻世帯の生活保護の水準です!
(詳細は生活保護情報サイト→ http://seikatsuhogo.jp/shikyugaku/

このような状況の高齢者夫妻に、
無職の子どもがパラサイトすると…
NHKが放映した内容そのままになってゆくわけです…トホホ。

というわけで老後破産の予防は、子供たちに自立してもらうこと!
教育の一環として『自律自助の精神』を叩き込んでゆくことが必要かな?
子どもがしっかり自立できていれば、面倒をみてくれるかもしれませんし(笑)

もちろんサラリーマンの世帯では厚生年金が上乗せされますからこの限りではありませんが、
老後資金に対して呑気になりすぎるのはいただけません。
テーマパークで財布のひもが固いお爺ちゃんお婆ちゃんは孫に好かれませんしねぇ(笑)

では、今何ができるのか?
新たな収入を創る準備にとりかかることしか無いように思います。
現在の職業をブラッシュアップするために上位資格を取得することや、
余暇にリスクの無い新規事業を立ち上げる。
ビール片手にバラエティーばかりみていてはアウトじゃないかなぁ…。

そして、間違っても両親の言う事を聞いていてはいけません!(断言!)
彼らは日本の高度成長期の波に乗ってたまたま運良かっただけの世代なのですから。
(ちょっと言い過ぎかしら…)
もし、借金してでも家を買え!とか、
勤めている会社だけに集中しておけ!とか、
副業をするな!とか説教する両親でしたら、
にっこり笑って、聞き流した方が得策です(笑)

2016-04-11.jpg


毎日の生活に埋もれることなく、
モチベーションを保つべく新鮮な情報をインプットし、
来たるチャンスをものにするための準備をしてゆきましょう。
リッチなおじいちゃん、おばあちゃんになりましょうよ♪
それがひいては日本経済の活性化にもつながると思うのです。

最後までお読み頂きありがとうございます<(_ _)>

NUSエンタープライズ
服部英樹
http://nus-ent.com/





posted by H.Hattori at 16:37| マネー