2015年12月21日

ビジネスパートナーの条件

ホンダ技研の藤沢武夫と本田宗一郎
ソニーの盛田昭夫と井深大
アップルのウォズアニックとジョブズ
アムウェイのリッチとジェイ
グーグルのラリーとセルゲイ…

Downloads.jpg

世界に冠たる企業の多くが二人の創業者によって起業され成功をおさめています。
理由は製販分離。
優れた技術者の製品を、優れた営業マンが売るといえばわかりやすいでしょう。

うまくいかないパターンが技術・スキルを持った人だけで起業するパターン。
ものをつくる(サービスを提供する)だけでそれが大ヒットするほど世の中あまくないということ。
製販両輪のバランスがとれている企業が発展しているのですね。

もし、起業したいと考えているなら、あなたが技術者なら優秀な営業マンを、
あなたが営業マンなら優秀な技術者を探すことが起業の第一歩です。

視点を変えると、企業がビジネスパートナーを探している場合があります。
代理店や販売パートナーを募集しているケースです。
つまり売ってくれる人を探しているというパターン。

企業相手の場合に気を付けなくてはならないのは、

@イニシャル・コスト
Aランニング・コスト
B流通システム
Cテリトリー
Dノルマ
E報酬プラン
F会社の信用度

以上7つのポイントをおさえておきましょう。
これら全ての条件をクリアした企業のみをパートナーに選ぶべきです。

新興企業に目がいきがちですが、@〜Fが同程度のパフォーマンスなら、
規模の大きな(資本金10億以上)、歴史のある企業をパートナーに選ぶべきです。
その理由は…
パートナー企業の規模や歴史は営業力に直結するから。
20代前半から四半世紀の間、営業畑に身を置く私が最も痛感するポイントがこれ。
大企業の看板というのは大きな営業力なんです!

さて、相手の条件ばかりみてきましたが、自分はどうなのでしょう(笑)
20年以上、起業支援を行ってきましたが、
成功している方々の共通点は…

・失敗や挫折から学び次の行動に生かす
・結果が出るまでやり続ける

というメンタリティーと行動力です。

花には蝶が集まります。
先ずは自分をブラッシュアップし、
来たるべきパートナーとの出会いに備えましょうぞ。

最後までお読み頂きありがとうございます♪
NUSエンタープライズ 服部英樹

Facebook友達申請大歓迎です\(^o^)/
https://www.facebook.com/hideki.hattori.12

NUSエンタープライズ
http://nus-ent.com/index.html


posted by H.Hattori at 17:07| ビジネス