2016年02月01日

マイナス金利ってなに(?_?)

日本銀行が2016年1月29日に、
マイナス金利政策導入を決めたましたね!
日本史上初らしいのですが、
そもそもマイナス金利ってなんですの?

金利って、
お金を借りたり預けたりしたときにプラスされるお金の賃借料ですよね。
その賃借料がマイナスってことは、
例えばお金を借りたら通常は金利を払わなければならないけど、
反対にお金を貰えるってこと??
そんなことありえるんだろうか?

ところが調べてみると、
海外ではあるみたいなんです。
ヨーロッパでは変動金利で住宅ローンを借りている人が、
銀行から金利を受け取っているらしい…

では、日銀はなんでそんなことをおっぱじめたんだろうか?

よーく考えてみると…

先ず、海外の金利と国内の金利のギャップが、
関係してくるっぽい。

例えば、アメリカの金利のほうが高くなると、
ドルで資産を運用しようとして、
円を売ってドルを買うよね。
円が売られるので円が安くなる。
いわゆる円安。

円安になると輸入製品の価格が上がりますね。
そう、物価が上がる。

ちなみに日銀は物価をあげたくてしょうがないんですよ。
日銀のホームページにも大々的に書いてありますわ。
消費者物価を2%アップさせるよって。↓↓↓
https://www.boj.or.jp/mopo/outline/qqe.htm/

では、なんで物価を上げたいかというと…

物価が上がると、
買い物する時にお金がたくさん必要になるので、
資金需要がアップして
金利があがってゆく…

景気が良いときって、
物価が上がりながら、
円安で、
金利も上昇。
こんなシナリオかしら?

現在のところ、円安が進行中で株価も上昇!
投資家の皆さんも好感のようですが、
果たしてこの先どうなるのやら。↓↓↓
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O1U9QC6K50XS01.html

286060_O.jpg
(※写真は旧日本銀行某支店金庫室)

今回のマイナス金利政策の直接的な影響は銀行だけ。
けれど、銀行は日銀にお金を預けていたら、
金利を払わなくちゃならんので、
金利を下げてでも他に貸し出そうとするでしょうね。
そうなると、住宅ローンの金利がもっと低くなってゆくかも?

日銀総裁黒田さんは、必要なら更にやっちゃうよ!って鼻息けっこう荒いから、
もっと円安になってゆくのかな〜。
海外旅行はちと不利になるねぇ(*´з`)
でも観光立国を標榜している日本政府には有利だね。
外国人観光客が更に増えるんだろうね?

とにかく景気が良くなる事には大賛成。
個人的に景気浮揚のために何ができるかな〜
先ずは自己投資か!
よし、金融の本を買おう(^^♪

最後までお読み頂きありがとうございます♪
服部英樹

NUSエンタープライズ
http://nus-ent.com/index.html



posted by H.Hattori at 12:53| マネー