2015年09月24日

エンプロイー・サバイバル

P1318854.jpg

『エンプロイー』を直訳すると被雇用者。
被雇用者とは雇われている人、つまりサラリーマン。

『週末起業』著者の藤井孝一氏のことばをお借りすると、

サラリーマン諸氏は、

ご自分が起業に向いているかどうか?

など考える必要は無い、

なにも考えずにいざ!というときに備えて、

稼ぐ力をつけておけ…

来るべき時に備えて、起業しておけ!

氏はサバイバルとして、

起業を勧めておられます。



ひと昔前ですと、起業=法人設立のイメージが強く、

最低でも資本金が300万円(有限会社)以上必要でしたから、

個人にはハードルが高かった感があります。

しかし平成17年の会社法施行により、

1円の資本金で法人が設立できるようになり、

誰でも法人を設立できる環境ができあがっているのです。


私も数年前に合同会社の設立を、

全て自分一人で行った経験があります。

必要な情報は全てネットで準備し、

定款や社印の作成もすべてネット経由で行いました。

法務局に登記する際に必要な印紙代を含めて、

総額10万円程度で法人を設立することができました。

資本金は現物で20万円ほど(笑)

それでもちゃんとした法人なのです。



合同会社は日本版LLCといわれており、

外資系の法人が好んでチョイスしているようです。

日本では株式会社という響きにあこがれがあるようで、

株式会社を設立したがる事業主さんが多いようですが、

個人事業主からの法人設立であれば、

合同会社をお勧めしています。

合同会社は小さな規模から大企業までカバーしているのも特徴です。

大企業の例を挙げると、

アップルコンピュータージャパン、

日本アムウェイ、

ウォルマートの傘下になった西友も合同会社です。

旧来の『合名会社』や『合資会社』とは全く別物ですので念のため。



サバイバルにお話しを戻します。

サラリーマンをしながら、

週末やアフター5の自由な時間に、

起業関連の書籍をお読みになることからオススメします。

身近に起業経験者がおられるおなら、

教えを乞うのも良いでしょう。

しかし、間違っても起業に失敗した方に相談をしないように。

なぜなら、彼らはあなたを心配するふりをして、

足をひっぱることしか語ってくれないからです。

相談をするなら、起業に成功した、

ピカピカ輝いている社長さんにしましょう。

くどいようですが起業に失敗し、サラリーマンに逆戻りした、

うだつのあがらない友人には近づかないように(笑)



雇用者=サラリーマンとしてお話をしましたが、

個人事業主の方々も全く同じ理屈があてはまります。

というより、個人事業主のほうが状況はよくないのです。

『金持ち父さん…』のロバート・キヨサキ氏は、

個人事業主のことをセルフ・エンプロイーと定義して、

お気楽なサラリーマンの方がまだマシ!

と、言っておられます(汗)

個人事業主のことをスレイヴ=奴隷と表現しているほどです。

特に、カラダが資本の個人事業主の方は、

氏の説くキャッシュフロークワドラントの、

B、Cのゾーンを目指すべきなのです。

@エンプロイー(サラリーマン)

Aセルフ・エンプロイー(個人事業主)

Bビジネス・オーナー

Cインベスター(投資家)


これはあたかもマズロー欲求5段階説のよう。

先ずは食べるため、そして次のステップへ…


起業を後押ししながら、サラリーマンの方がマシとは何ごとか!

とお叱りをいただきそうですが、

起業をするなら収入の質も考える必要があるということです。

収入の質については、またの機会に…


最後までお読みいただきありがとうございます。


















posted by H.Hattori at 15:59| Comment(0) | ビジネス

2015年09月21日

『光』と『影』の方程式

素材.jpg

ラグビー日本代表勝利でにぎわうこの数日。

まぐれではなく、実力のようです。

中禅寺秋彦はんがおられたら、

『この世には不思議なことなど何もないのだよ』と、

日本代表が強豪に勝利した理由を、延々語ってくれるんでしょうな。



そう、すべての結果には理由がありますわな。

蒔かれた種以外の芽は出ないのがこの世のしくみ。


ちょいと、耳の痛いお話しになりますが、

亭主の稼ぎが悪いのは『家相』が悪いのではなく、

亭主のやる気や、お仕事のスキルが未熟なだけなんですわ。

場合によっちゃぁ、あんたはんが亭主のやる気を無くさせているかもしれませんわな。

そうなると原因は『家相』ではなくあんたはん。

風水にのめり込む前にあんたはんをどげーかせんとあきまへん。



さて、肝心のラグビーネタですわい。

エディー・ジョーンズヘッドコーチはんのもと、

過酷な練習をして準備をしてきたようですな。

「実力は陰で磨かれる」という言葉を体現されましたな。

『影』過酷な練習→→→勝利という『光』の方程式ですな。

『影』と『光』は同量ですわ。

しかし、言うは易く行うは難し、でして、

『影』の過酷な練習を引っ張ってこられたっていうのが、

エディーはんの人徳なんでっしゃろなぁ。


さて、無理くりですが、ビジネスに話を転じます。

ご自身のおられる業界をとことん研究をせずに成功はございません。

資格を持っておられるかもしれませんが、

へのツッパリにしかならない資格がほとんどですな。

行動を起こす前に、

ひとつの業種につき50冊の関連本を読むべきだというのが持論でございます。

昨今、脱サラをする若者や、

副業をおはじめになられる奥様方が多いようです。

そういった方々と直接お話をさせていただきますってーと、

大抵、勢いだけ、思い込みだけ…

残念な結末がみえみえですわな。

ご先祖さまも草葉の陰から、

『ダメだこりゃ〜』って悲しんでおられます。

仏はんやご先祖はんからのお力添えは、

人知を尽くした者だけに訪れる奇跡ですから、

そう簡単には起こりゃぁしません。

『影』と『光』の方程式を理解しておられんのですわ。

小学生にも理解できる方程式でっせ。

脱サラして大儲け→『光』だけをイメージしとるんですわ。

ご先祖はんもかわいい子孫たちのおこないを、

草葉の陰から、臍を噛む思いで悔しがっておられることでしょうなぁ…。



世の中、シルバーウイークだと、浮かれておりますけどな、

今の時期はもともとお彼岸ですからね。

お彼岸といえば、古来より

『迷い』『悩み』『煩悩』に惑わされているわたくしたち人間が、

悟りの世界と通じるときですわ。

ご先祖様に思いを馳せるのはもちろん、

あんたはんご自身のことを、もうちょっとお考えになってはいかがでしょうかねぇ?

身なる本の1冊でも読んで実力を蓄えるには、

良い期間じゃぁねえのかなと、あたしゃ思うんですよ。

え、本をお買いになるお金がなえですって?

図書館へお行きなさい!









posted by H.Hattori at 12:51| ビジネス

2015年09月07日

【講演会のご案内/2015年9月〜10月】

メンターをお持ちですか?と質問されたら、

黒澤義巳先生です!と即答できます。

皆さまはメンターをお持ちでしょうか?


あれはいつだっただろう…

そう、15年ほど前のこと、

関西のある講演会に参加したときのスピーカーが黒澤義巳先生でした。

稲妻に打たれたような衝撃。

世の中には、こんな大人もいるんだ!と感激したのが昨日のよう。

人生を変える出会いとはこういうものなのだ!と心が震えました。


現在は、僭越ながら黒澤先生のセミナーを主催する側におります。

ひとりでも多くの方々に、黒澤先生の考えに触れて欲しいと思うのです。


こんな出来事がありました。

ふとしたきっかけで、会話がYさんのご子息のことになり、

半年後に高校受験をひかえている時期、実は不登校ぎみであると…。

Yさんはいつも明るくイキイキとされておられたので意外に感じ、

同時に「ああ、息子さんの事を誰かに聞いて欲しかったのかな」とも思い、

すぐに黒澤先生をご紹介させていただきました。

半年後、息子さんは見事に希望校へ入学し、

その後運動部でキャプテンを務めるまでに成長されました。

Yさんびっくり!私もびっくり


先生曰く、

「その子がもともと持っていた力を発揮しよったわな!

それを少しだけサポートしただけ。

お母さんがメッチャ変わったからな〜!ワッハッハァ〜♪」



先生は県立高校の数学教師をされておられましたが、

現状の枠組みでは、ご自身の掲げる理想の教育には到達できないと、

教育企画フェニックスを設立されます。

人間はすべてを持っていて、自分の手で未来を作ることができる存在であり、

人は頭と心が一致したとき、自らの意思や決定力、

問題解決能力で自分の未来を作っていける存在である。

という理念のもと、

生きる自信を育てる教育プログラムを提供され続けておられます。



フェニックスオフィスのホームページ↓↓↓
http://omoiwakanau.com/index.html



20150422_044841908_iOS.jpg

私と先生…似ていると言われますが、血縁関係はございません(笑)


9月から10月にかけて関西地区にて、

先生の『大人がかわれば子供が変わる』講演会が開催されます。


≪大阪高槻≫
・日時:平成27年9月27日(日)10時〜12時
・会場:高槻市立生涯学習センター3階第2会議室
・参加費:1000円(当日1500円)
・申込み&問合せ:090 3710 5988(中村昌美)angelmn206@ezweb.ne.jp


≪京都亀岡≫
・日時:平成27年10月21日(水) 10時30分〜12時30分
・会場:ガレリアかめおか 2階 研修室2
・参加費:1000円(当日1500円)
・申込み&問合せ:090 8537 8590 (松永みゆき)feel.at.home.kyoto@gmail.com


両会場ともに、私も参加させていただきます。

『大人が変われば子供が変わる』の講演はもう何十回聴いただろうか?

演題からは子を持つ親が対象に思われがちですが、

そもそも私が初めて聴いたのは独身の頃ですし、

また、内容は大人向けではありますが、

たまたまご一緒に参加された、

不登校気味だったお子様が先生のコーチングを受けるに至り、

最終的には大学進学を自ら選択するまでになったケースもあります。

そう、ご縁のあるすべての人に触れていただきたい。



前回の関西地区でのセミナーでは、

お子様連れのご夫婦はもちろん、

20代の独身男性、30代独身女性そして60代のお孫さんを持つ方まで、

それこそ老若男女、色んな方々がご参加くださいました。


先生の笑顔が皆様の心を癒してくれることは間違いありません。

特定の宗教などの勧誘ではありませんので念のため(笑)

講演会のご参加をこころよりお待ちしています。


最後までお読みいただきありがとうございます。

感謝♪